外国人が知っておかなくてはいけない相続対策

外国人が日本国の財産を保有しながら亡くなった場合には、その亡くなった方が日本国内において亡くなった場合にきちんとした相続対策をしなくてはいけません。



ただし、外国人に関する相続対策は非常に複雑なので外国籍を持っている人が亡くなったときにはすぐにでも専門の法律家に相談しなくてはいけません。



基本的に、外国人が日本国内で亡くなったときの相続の方法には二つの解釈の仕方があります。

一つは、日本国内の法律に基づいて相続を行うのかどうかで、もう一つがその人が元々暮らしていた国の法律によって相続を行うのかどうかです。
外国人が日本国内で亡くなったときには、まず外国の法律を専門家が調べる作業に入らなくてはいけません。



仮に、アメリカ国籍を持っている人が日本国の財産を保有して亡くなったときには、アメリカの相続規定を確認してその相続規定がどのようになっているのかを調べることになります。



仮に、この法律に亡くなったときにはその国の法律に従って相続が開始される旨の規定があったときには日本の法律に従って相続が開始されます。



反対に、相続の規定にアメリカの相続規定に従うことが書かれていた場合にはアメリカの法律に従って相続を行わなくてはいけません。



この場合、さらにアメリカの法律に詳しい専門家に相談しなくてはいけないのです。



このように、外国人の相続対策では色々な法律的な要素が組み合わさっているので、迷わずに相談することが大切です。



関連リンク