生前から相続対策をとっておくことが必要である

最近では相続対策をとっている人がたくさんいます。



それほど相続財産が多くない場合でも、話しが拗れ親子兄弟間で遺産を巡ってトラブルに発展する事案が増えているのです。



自分の遺した財産のせいで、家族間に亀裂が走り抜き差しならない状態になったとしたら、残念でなりません。


そういったことにならない為にも、相続対策をとる人が増えているのです。



その方法としては、遺言書を遺すことが挙げられます。
遺言書に遺産の相続方法について書けば、そういったトラブルを未然に防ぐことができます。



ある人が亡くなった場合にこういった遺言書がないと、相続財産については相続人全員による遺産分割協議によって決めることになります。



この相続財産が全て金銭であれば法定相続分によって分けることができますが、不動産や有価証券等がある場合には均等に分けることが難しい場合もあります。
そのような場合に、トラブルになるケースがあるのです。


例えば亡くなった方の住んでいる家を巡って、誰がその家を相続するかで話しが拗れる場合があります。
そういった場合にしっかりと相続対策をとっていれば、そのようなことにはならなくて済みます。



自分の意思をしっかりと遺言書に書けば、その通りに自分の遺した遺産を相続人に分配することができるのです。



この遺言書については方式が決まっているので、それを遺す時はどの方式を使うかを考える必要があります。また遺言書の書き方を間違えてしまった場合には無効となることもあるので、そういったことにならないように十分に注意する必要があります。



関連リンク