相続対策として相続権を放棄することもできる

相続権は、被相続人の同意などによって与えられる権利ではなく被相続人の死後によって自動的に付与される権利です。



そのため、基本的には何もしなくても相続権が遺された家族に与えられることになります。

では、その権利は必ず行使しなくてはいけないものなのでしょうか。



実は、相続権の権利の行使は本人の自由な意思によってどのようにでもすることが可能です。



例えば、権利を行使せずにそのまま放棄することも出来ます。



相続権を放棄した場合には、その相続に関する一切の権利を放棄することになるため、その相続によって生じるあらゆる責任から逃れることが出来るメリットもあります。



では、相続対策として相続権を放棄するときとはどのようなケースなのでしょうか。最も多いケースは、被相続人が多額の借金を抱えていた場合です。相続の厄介な点は、一般的に財産と考えられているものだけではなくその人が抱えた負債も相続の対象として含まれてしまうことです。
仮に、亡くなった人が全く財産を持っていない状態で亡くなってしまったときには相続権を行使すると負債だけを相続することになるため、相続権者にとって何のプラスにもなりません。



このような場合には、相続対策としてきちんと権利を放棄する必要があります。



相続の問題は、単純な家族間の問題ではなく亡くなった人の利害関係も含まれることを忘れてはいけません。
その中で無視できない権利関係があった場合には、相続権を放棄することによって相続対策を行うことができるのです。



関連リンク

  • 相続権は、被相続人の同意などによって与えられる権利ではなく被相続人の死後によって自動的に付与される権利です。そのため、基本的には何もしなくても相続権が遺された家族に与えられることになります。...

  • 親族が亡くなった時は葬儀をした後、その遺産を分割してそれぞれの権利者が得ることになります。その時に相続対策をしておくと効果的で、あらかじめ準備をしておけば問題になりづらいです。...